from松浦温生
池袋のルノアールより

 

 

 

 

 

今日は打ち合わせがあって池袋に来ているのですが、

かなり早く着いてしまったので、

どこかカフェを探していたんですけど、

 

 

こういう時って、なんだかんだ言って

結局ルノアールに入っちゃうんですよね(笑)

 

 

他のカフェも探索したいんですけど、どうせ混んでるし、

そうやって探してる時間が無駄だなって思っちゃうんですよね。

 

 

ルノアールいつも空いてるしコンセントあるしWi-Fiあるし、、、

ってことでルノアールからブログを書いてます。

 

 

昨日はチラシを何度も出すべき4つの理由うちの2つ、

 

1、1回じゃ最高の市場と最高の訴求が見つからないから

2、ブランディングになるから

 

を解説しました。今日はその続きです。

チラシを何度も出すべき理由3

3つ目の理由は、

「限られた地域市場で他店にパイを奪われないようにするため」

 

です。

これはどういうことかと言うと、すごくシンプルなんですけど、

同じ地域でチラシを毎月のように出しまくっているライバル店がいたら脅威ですよね?

 

 

実際、かなりの数の新規客を奪われると思います。

でも逆を言えば、あなたにもそのチャンスがあるということです。

 

 

ライバル店に奪われる前に先に仕掛けて、

自店のリピーターになってもらえばいいのです。

 

 

美容室の商圏はそんなに広くありません。

そんな商圏内に他の美容室が密集していたら、

当然お客さんの奪い合いになってしまいます。

 

 

技術さえあれば客を呼べると思って待ちの姿勢のお店と、

積極的にチラシを配っているお店だと、

もちろん後者の方が圧倒的に有利ですよね。

 

 

「先に仕掛ける」というのが何度も出す理由の3つ目です。

チラシを何度も出すべき理由4

4つ目は、

「チラシは行進する軍隊が見ているから」

です。

 

 

これは、

「チラシをはじめ、世の中に溢れている広告なんて、

じっと立ち止まって全部を細かくなんて誰も見てないよ」

 

 

という事実を例えた言葉です。

 

 

あなたのチラシも同じで、

一度では見てもらえていないかもしれません。

もしかしたら二回目も見てもらえていないかもしれません。

もしかしたら三回目も、、、

 

 

なので、一人でも多くの人の目にとまるように、

定期的に出し続けることが非常に大切なのです。

 

 

チラシあるあるですが、

チラシを出す側は、出せば見てもらえてると思い込みがちですが、

現実はその真逆です。

 

 

チラシはほとんど見られていません。

9割捨てられてると思ってください。

 

 

実際、反応率の高いチラシでも1万部配って集客できるのが100人とかなので

99%(9割9分)の人は捨ててますよね。

平均でいうと、さらにこの10分の1とかです。

 

 

でも何回も出していれば、

見込み客もどこかのタイミングでカラーをしたくなったり

パーマをかけたくなったりするはずなので、

 

 

それがチラシのタイミングとマッチすれば来店のチャンスは十分にあります。

ほとんど誰も見てないからこそ、何度も出すべきなんですね。

もちろん、見てもらえる確率を上げる努力は必要ですが。

おさらい

1:1回じゃ最高の市場と最高の訴求が見つからないから

2:ブランディングのため

3:限られた地域市場で他店にパイを奪われないようにするため

4:チラシは行進する軍隊が見ているから

 

 

これらの理由から、

チラシを出す時は予算を組みながら

何度も出すことを前提に作戦を練ってみてください。

 

 

 

日本美容室コンサルティング

株式会社Next Emotion

代表取締役 松浦温生