大手企業の終焉

 

 

from松浦温生
東新宿の自宅より

 

 

今日は集客とかマーケティングとは
関係ない話なんですけど、
気になるニュースがあったので。

 

 

昨日、エステ業界最大手の
たかの友梨ビューティクリニック
をRVHという会社が買収しました。

 

 

このRVHという会社は
去年ミュゼプラチナムを買収した企業です。

 

 

今、エステ業界ではかなり激震的なニュースです。

 

 

たかの友梨といえば
誰でも絶対知ってる最大手です。
そんな最大手でも業績不振で買収されちゃうんです。

 

 

あと、伊勢丹グループも去年
これまた最大手のソシエを買収しましたね。

これからは個人の方が強くなる時代

このように今、
大手がどんどん追いやられています。

 

逆に、個人店の方が売上が伸びているところが多いんですね。

 

 

それは昔ほど、経済学でいうところの
「規模の経済」の優位性が下がってるから
というのが理由の一つです。

 

 

お金があれば勝てる時代は終わったということです。

 

 

もちろん業績の良い大手もいっぱいありますが、

エステでも美容室でも、

 

 

個人店もfacebookやインスタとかSNSを
使って自分でブランディングできたり、
認知度を上げていける時代だからです。

SNSで集客もできます。

 

 

しかも、よりニッチな分野を攻めれば
たとえ個人であっても
そこで1位になることができます。

 

 

ことSEOに関しても、
昔はお金をかけないと
良い順位にならなかったですよね。

 

 

でも今は違う。

 

 

ブログなどを使ってコンテンツマーケティング
をしっかりやれば、お金をかけずに
検索順位を上げていくこともできます。

 

 

もちろん検索順位が上がれば

集客につながるし、

売上が上がります。

 

 

小規模なビジネスでも、
大手と勝負できる方法がたくさん増えてるんです。
個人店にとってどんどん
有利な世の中になってきています。

 

 

facebookとかを見ていても、
積極的に情報発信している美容師さんが
すごく多いですし、
それだけでお客さんへのリーチは
確実に上がりますよね。

 

 

これは大手がやろうが個人の美容室がやろうが、
同じことができます。
(広告になると資金力の差が出ますが)

 

 

むしろ、個人の方が自由に色々情報を発信できて
質の高い投稿が多いですよね。

 

 

そこに関しては大手よりも圧倒的に強いです。

今は個人でも大手と戦える時代です。
これからもっとそうなるはずです。

 

美容室の規模は言い訳にできない

逆に、
「うちはちっちゃい個人店だから、、、」

 

 

なんて言うクライアントさんもいますが、
これからはそんなの言い訳にすぎません。

 

 

個人の美容室だからこその攻め方があります。

 

 

僕も自分のfacebookでたくさんの美容師さんと
繋がっていますが、そこでガンガン競い合うように

自分の技術
取り扱っている商品
髪へのこだわり
写真
動画

とか情報発信している感じが、
業界全体をものすごく活性化させてるって思います。

本当にすごいなって感動していつも見ています。

 

 

SNSとかはいろんな表現の仕方があるので、

時には投稿に対して

批判的な意見が出たりもするでしょうけど、

それも含めて「自分」を発信しているわけだから、

それはそれで素晴らしいことです。

 

 

同業者からの批判を恐れていては

何もできないですからね。

 

 

僕は美容師じゃないから
そういう形での情報発信はできないので、
何より本当に尊敬しています。

 

 

そういう人たちと一緒にもっと
業界を盛り上げていきたいなって、

今回のたかの友梨のニュースを聞いて
改めて思いました。

 

 

はい、中身スッカスカの
日記みたいなブログになっちゃいました(笑)

 

 

PS.
うちは今までオフライン系のサービスが
多かったですが、
今ネット集客のサービスを作っているので
楽しみにしててください!

 

 

日本美容室コンサルティング

株式会社Next Emotion

代表取締役 松浦温生