from松浦温生
新宿オフィスより

先日はフットワーク良く行動するコツについてお話ししました。

この内容に関して、昨日こんな質問をもらいました。

「60点狙いで準備不十分な状態でスタートして、何か問題が起きたらどうするんですか?」

この質問、おそらくあなたも共感できるんじゃないでしょうか?

僕の答え(考え)としては、

「問題は予防するものじゃなくて、対処するもの」

100点取るために、どれだけ事前準備を完璧にしても、必ず予想外のトラブルは起きます。

完璧に準備していると思いこんでいるから、むしろその予想外のトラブルが起きた時に対応スピードが確実に落ちるんです。

でもどうでしょうか?もともと60点しか狙ってないから、問題が起きるのは当たり前。心構えもフットワークも軽いから、問題が起きても対処する姿勢が最初から整ってるので、そんなに怖くないんです。

そもそも予測できない問題にお金と時間を費やしてる方がもったいなくてしょうがないす。

本当の学校のテストで例えると、

毎日毎日死ぬほど勉強して、教科書丸暗記して100点取れると思ってテスト受けて、一個わからない問題が出てきたらテンパりますよね?

でも60点狙いの場合、わからない問題がたくさん出題されて当たり前。最初からそれはわかってる。さっさと解いて、わからなかった問題を復習して次70点取れるようにする。

この方が効率良いですよね。

何も手を抜いて良いというわけではないのですが、あれこれ考えてしまって行動できないなら、まず試しにやってみるという姿勢が大事だと思います。

マーケティングは常にテスト改善、テスト改善の繰り返しです。

10個試したら、9個はミスって当たり前です。

でも10個試すことに価値があって、ダメな選択肢を進んで見つけにいくことがもっと大事です。

実際僕が前にコンサルしてたエステサロンでは、立地に問題があってチラシで大失敗をしましたが、そのチラシ集客というダメな選択肢が発見できたから、

今後そこに無駄なお金を使わなくて済むからOKという感じです。

じゃあ次ホットペッパー試してみよう、みたいな。

とにかく何事も行動しないと実現できません。
行動としないと妄想で終わってしまいます。

日本美容室コンサルティング

株式会社Next Emotion

代表取締役 松浦温生