from松浦温生
新宿のオフィスより

 

 

 

 

昨日の夜、無性にラーメンが食べたくなって、

仕事帰りにラーメン屋に行きました。初めて入るお店です。

 

 

僕は家系のこってりした

太麺のラーメンが好きなのですが、完全に細麺でした。

まぁそれは良いのですが、

ここのラーメン屋のメニューがすごく独特だったんです。

マーケティング力が異常に高いラーメン屋

普通、ラーメン屋のメニューの表紙って、

お店のロゴがドーンッッッ!

って書いてあったり(なぜか大体イメージカラーは赤)、

季節限定メニューが写真と一緒に載ってたりするじゃないですか。

 

 

でもここのメニューの表紙は、

お客さんの笑顔の写真がびっっっしり並んでるんです。

その真ん中に控えめにお店のロゴ。

こんなメニューはラーメン屋以外でも

見た事なかったのでビックリしました。

 

 

画質もたいしてこだわってる感じではなくて、

iPhoneとかでとっさの撮った感じなんですけど、

これを見た瞬間に、

「ここの店に来て良かったな」って素直に思えたんです。

 

 

なんかほっこりしたというか、

これだけ素敵な笑顔がいっぱいあるなんて、良いお店だなぁ〜って。

 

 

接客もすごく感じが良いし、

もちろん味も普通に美味しかったです。

「今◯◯がオススメなので一緒にいかがですか?」

というのもしっかり薦められて(不覚にも頼んでしまいました)、

お会計のときには工夫されたポイントカードを渡されて、

すごくマーケティング力の高いお店でした。

 

笑顔の写真でリピート率、売上は上がる

話をもどしますが、

この笑顔の写真の効果はあなたの美容室でも

すぐに取り入れれるテクニックです。

むしろ、絶対にやったほうが良いです。

 

 

やり方は簡単です。

満足してくれたお客さんに写真を撮らせてもらうだけです。

お客さん一人で映るのでも、

担当スタッフとツーショットでも構いません。

 

 

それと同時にアンケートにも答えてもらいましょう。

アンケートは、5段階で◯してもらうようなものではなく、

しっかり文章で記述してもらう形式が良いです。

 

 

協力してもらえるハードルは高くなりますが、

それだけ具体的で説得力のある良いアンケートが集まります。

しかしよくあるのが、「特になし」みたいな一言の回答ですよね。

これだと記述式にしても全く意味がないので、

しっかりした文章を書いてもらいやすくなる裏技をご紹介します。

 

アンケートをしっかり書いてもらう裏技

それは、「記入例を添える」だけです。

各質問にちゃんとした文章で

びっしり答えた記入例を添えて、

こんな感じで書いてくださいって言うだけで、

驚くほど文字の量が増えます。

 

 

人間は記入例があると無意識に

それに近づけて書こうとする心理が働くので、非常に効果的です。

 

 

そしてそうやって集まったアンケートと

一緒に写真をセットにしたものを

何人分も作って小冊子にしたり、

店内に貼ったりしましょう。

 

 

新規のお客さんにサンキューレターと一緒に

郵送するのも最高の使い方のひとつです。

これは何度もこのブログでも出てきていますが、

「社会的証明」という心理作用を使ったテクニックで、とてつもなく効果的です。

 

 

社会的証明は簡単に言うと、

「人はみんなと同じことをしたがる習性がある」

ということです。行列があるとそれだけで

人気店なんだなと思い込んでしまうのもその効果です。

 

 

実際のところ、どれだけ頑張って

自分のお店の良いところをアピールしても、

「ホントかよ?!」って思われるのがオチです。

でも実際に通ってるお客さんの満足の声と写真を見ると、

不思議と一発で信用するんですね人は。

 

 

つまり、そのほうが圧倒的に

お店に対しての信頼度が上がるのです。

その証拠の数が多ければ多いほど、信頼は上がるので、

可能な限り集めてドンドンそれをアピールしていきましょう!

 

 

「みんなが満足してるお店だから、きっと良いお店なんだ」

って思ってもらえるようになります。

アンケートと笑顔の写真

このセットが新規客のリピート率を確実に上げてくれます。

 

 

 

日本美容室コンサルティング

株式会社Next Emotion

代表取締役 松浦温生