最小のリスクで売上をつくる!

from松浦温生
新宿のオフィスより

 

 

今日グノシーでニュースを色々見ていたら、

面白いニュースがありました。

 

 

今年、

全自動洋服たたみ機が発売されるそうです(笑)

 

 

長年ユニクロで働いて、

毎日数千枚の洋服をたたんできた僕にとっては

そんなものは邪道中の邪道。

 

 

「服を素早くキレイにたたみましょう選手権」

があったら、おそらく僕は今でも全国トップクラスだと思います。

 

 

なので個人的には全く魅力は感じないのですが、

販売戦略がとても優れていて良いなと思ったんです!

 

 

この商品、2017年の発売なんですけど、

去年から事前にメールアドレスで

先行申し込みを受け付けているみたいなんですね。

ちなみに商品の値段は7万〜8万くらいです。

 

 

既に11万人がそのメーリングリストに登録しているんです。

つまり見込み客が11万人もいるっていうことです。

 

 

この、「事前にメーリングリストを作る」っていうことがとても賢くて、

このメーリングリストに、そもそも人が集まってこなかったら、

その商品に需要がないということが分かります。

 

 

それが早い段階であればあるほど、

発売を中止して他に投資したり、

改善策を打ったりできるので、

非常にリスクが少ない売り方ができるんです。

 

 

今回の場合は機械なので、

莫大な開発費が既に投じられているでしょうから、

今さら発売中止はないとは思いますが、

何かサービスだったり情報商材を売る場合はとても有効です。

 

 

「新商品を発売前に売る」

商品の中身やアフターフォロー、

顧客管理システムなど、

全て完璧に作り上げてから満を持して発売して、

全然売れなかったら最悪なことになってしまいます。

 

 

準備にかけた時間、コストが全て無駄になってしまいます。

 

 

でも、発売前にコンセプトだけで売って、

顧客や見込み客の反応を見ることができたらどうでしょうか?

 

 

もっと簡単に言うと、

「こんな商品作ったら欲しい人いますかー?」

って先に聞いちゃうんです。

 

 

たくさんいたら作って売ればいいし、

全然いなかったら作らなければいいだけの話です。

 

これを美容室にあてはめてみると

もしあなたの美容室でも、

新しい商品や新しいメニューの導入を考えている場合、

一番良いのは、先にお客さんに直接聞いてみることです。

 

 

特に常連さんや仲の良いお客さんは

具体的な意見をくれることが多いですし、

単純に聞きやすいと思うので、

何か新しいことを試すときは

事前に顧客の声を聞いて需要があるか

リサーチすることをオススメします。

 

 

そうすれば、

要は後出しジャンケンみたいなもんなので、

最小のリスクで成果を出すことができます。

 

 

PS、僕は大学生の頃に服をたたむのが上手すぎて、

ユニクロの本社会議で本当に表彰されたことがあります。

 

 

日本美容室コンサルティング

株式会社Next Emotion

代表取締役 松浦温生