from松浦温生
新潟のホテルより

タイトル通り、先週末、新潟で行われた「AKB総選挙」に行ってきました。

ただ、別にファンでプライベートで見に行ったわけではありません(笑)

実は知り合いが物販ブースを出店するということで、そのお手伝いに行ったんです。

「松浦君マーケターだし、集客得意でしょ」って。

いやいやいや(笑)

当日いきなり言われてできることなんて、大声で呼び込みするくらいですよ。

オープン直後はまぁまぁ並んで盛況だったんですけど、そこからはもう、、、

案の定売れ行きは全然良くなくて、みんなだいぶグッタリでした。

このままじゃマズイ。
いつも集客集客言ってるのに、このままじゃただのお祭り男になってしまう。

ということで、最後ダメ元で、
「普段DMやチラシで使っている行動心理を大声で叫ぶとどうなるか」ということを検証してみました。

【テスト結果】
・改善前
「お弁当うってまーす!どうぞー!いかがですかー!!」

もしくは

「グッズ販売していまーーす!!いかがですかーーー!!」

・改善後
「ここでしか手に入らない当日限定グッズ、販売していまーす!」
(希少性)

「今だけ元メンバーが手渡しで販売してまーす!間もなく終了するのでお急ぎくださーい!」
(緊急性)

「限定グッズ、残りわずかでーす!お急ぎください!」
(希少性、緊急性)

これに加え、あえて1列に並ぶように誘導して行列を作る
(社会的証明)

その結果、、、、

大行列ができて売り切れ商品続出、その日の総売上の3分の1をわずかラスト1時間で作りました。

めっちゃ感謝されました(笑)

自分でもビックリするくらい明らかな効果が出て、

相手が人間である限り、行動心理学はどんな媒体でも通用するんだなと実感しました。

たった少しの工夫で、何倍もの集客と売上ができたので、

是非あなたも今使っているチラシやDM、WEB広告の改善点を探ってみてはいかがでしょうか?

今回のような行動心理学を入れ込むと、一気に反応が上がるというのは珍しくありません。

それで反応が上がったら、さらに改善してテストをしてみる。

この繰り返しで、どんどん良い広告が作れるようになります。

1回ダメでも諦めずにテスト改善のサイクルを回し続けることが、一番大事です。

PS、僕はお祭りとか好きなので、今回も割とノリノリでOKしたのですが、
朝5時から深夜2時までノンストップで手伝わされたので、来年は断ろうと思ってます笑。

 

日本美容室コンサルティング

株式会社Next Emotion

代表取締役 松浦温生