なぜ顧客を選ばなきゃいけないのか

 

先日、株式会社グラツィアの

南代鮎美会長と二人で、

珍しくエステサロンのクライアント

のところに同行営業に行ったのですが、

僕が集客の悩みをヒアリングしてる時に、

南代会長がとても大切なことを

おっしゃっていました。

 

 

そのクライアントは闇雲に新規集客をしていて、

とにかくお客さん集めたいという感じだったのですが、

その時、南代会長が

「先生、お客さんは選ばないとダメですよ」

って言ったんです。

 

 

先生は一瞬びっくりした感じだったのですが、

南代会長の発言は完全に正しいんです。

南代会長が言わなければ、

間違いなく僕が同じことを言っていました。

 

しかも、これは美容室でも全く同じです。

 

大量の集客は、実は逆効果

なぜお客さんは選ばないといけないのかというと、

単純に、安さ目当てのお客さんをいくら大量に集客できたとしても、

疲れるだけでほぼ利益が残らないからです。

 

 

そういうお客さんを大量に施術するのは、

現場スタッフにとっても

肉体的にも精神的にもツライだけです。

もしかしたらあなたにも経験があるかもしれないですね。

 

 

「どんな顧客と付き合っていきたいか?」

「どんな顧客なら長く付き合いたいか?」

これを自問してみてください。

答えはすぐ出るはずです。

 

 

それに当てはまらないお客さんは

勇気を持ってお断りしたり、追わない。

そうやって自分の施術に

ちゃんと価値を感じてくれて、

その価値にお金を気持ち良く払ってくれる

お客さんを大事にしていくと、

不思議と自然にそういうお客さんが集まってきます。

 

 

逆に、とにかく誰でもいいから

安くてもいいから来てください!

というスタンスでいると、

本当にそういうお客さんしか来ません。

 

 

すると大量にお客さんをさばくから、

本当に自分にとって大事なお客さんが来た時も、

安さ目当てのお客さんと同じ接し方をしてしまって、

大事なお客さんだと気付かず逃してしまう

というような本末転倒なことにもなりかねません。

 

自分の価値を自分で下げない

あなたのことを本当に大事に

思ってくれるお客さんは必ずいます。

あなたのことを本当に

必要としているお客さんは必ずいます。

 

 

その人のために時間もお金も使うべきなんです。

顧客に合わせてヘコヘコして、

信念を曲げたり値切られたり、

それはあなたの価値を自分で下げているのと同じです。

 

 

そもそも、

世界中の人に好かれるなんてできないし、

全員を相手にする必要は全然ありません。

 

 

価値観の合わないお客さんを

相手にしてたまたま成功したとしても、

日々価値観の合わないお客さんに

囲まれている成功は幸せとは言えないですよね。

 

 

そんなこと言っても、

うちの美容室はお客さんを選べるような余裕はないし、

とにかく集客しないと家賃を払うのもギリギリなんです!!

 

 

っていうお悩みのメールをたくさん頂いてるのも事実です。

矛盾するようですが、

そういう場合はとにかく集客せざるを得ません。

でも実は、安さ目当てのお客さんでも、

上顧客に変える方法があります。

この続きはまたブログでお伝えします!

 

 

PS.グラツィアの南代会長は、

僕や自社の社員、クライアントの先生、

男女年齢関係なく分け隔てなく

接してくれる本当に優しい方で、

僕が尊敬する大好きな経営者の一人です。

 
日本美容室コンサルティング

株式会社Next Emotion

代表取締役 松浦温生