e77712cb11dcc35a9e14a877e3d2f08d_s

ディズニー値上げの話

 

 

from松浦温生
東新宿の自宅より

 

ちょっと前のニュースですが、

ディズニーが500円ほど入園料を値上げをしましたね。

このニュースで、いろんな人のいろんな意見が飛び交いましたが、

僕は値上げそのものよりも、ある一点にすごく感心しました。

 

大事なのは値上げの“理由”

それは、オリエンタルランドの発表した声明のなかの、値上げの理由です。

 

『テーマパーク価値向上により創出されたキャッシュを、

ハード、ソフトの両面に投資し、更なるクオリティの向上を図ることで、

ここだけでしか体験することができない

魅力に満ち溢れた世界で唯一のテーマリゾートを目指し~』

 

オリエンタルランドのプレスリリースの引用なのですが、要は、

値上げによって生まれる利益によって、

お客様により良いサービスや体験を提供する

ということです。

 

通常、企業の値上げは、

原材料の高騰や仕入れ値が上がったからや

集客不足で経営不振でなど、

ネガティブな原因がほとんどです。

 

多分、ディズニーもこういうネガティブ原因も

もちろんあると思いますが、

値上げで得たお金をお客様のために使います。

という姿勢は、さすがだと思います。

 

そもそも、リピート率97%以上のディズニーが、

たった500円値上げしたからと言って、ほぼ顧客離れはないでしょうし、

集客に困ることはまずないでしょう。

 

あなたも、うわっディズニー500円値上げしたから、もう行くのやめよ!!
とはならないですよね?笑

 

ディズニーの年間来場者数は約1700万人らしいので、

単純に500円アップで85億円売上が上がる計算です。

(客離れをなしで考えると)

 

多少の顧客離れによる混雑解消や、

アトラクションの充実、従業員の賃金アップなど、

結果がどこにどう現れるかは別として、

顧客のために値上げするというのは、

美容室経営においてもとても大切な考え方です。

 

美容室における値上げは?

『値上げして潰れた会社はほとんどないが、

値下げして潰れた会社は数えきれない』

というマーケティングの有名な言葉があります。

 

もっと詳しくいうと、

「値下げで倒産した会社はたくさんあるが、

値上げして(顧客維持に投資して)倒産した会社はない」

ということです。

 

まさにディズニーの話なのですが、

値上げをすると、大事な大事な顧客との関係性を

強くするために使えるお金が増えるということです。

 

例えば、1,000円の施術料金だと、

そのお客様に使えるお金はほぼないです。

サービスでお茶を出せるくらいでしょうか。

 

でも、10,000円の施術料金なら、

そこから生まれた利益からそのお客様に

喜んでもらうのために色々投資することができます。

 

定期的にハガキを送る、

誕生日プレゼントをあげる、

ニュースレターを送る、

物販のサンプルをプレゼントするなど、

 

お客様の立場で考えた時に、

どちらのお店の方が通いたくなりますか?

大切にされてると感じますか?

もちろん後者ですよね。

 

もし今あなたが値上げしようか悩んでいたら、

絶対値上げした方が良いです。

(値上げのリスクややり方は別の機会に)

 

もちろん、多少離れていくお客様も出てきますが、

それ以上に良いお客様も集客できます。

 

極論ですが、「料金を倍にして、客数を半分にする」

これだと総売上は変わりませんが、

お客様に使えるお金は倍以上になります。

 

「売上の80%は上位20%の顧客から生まれている」

という有名な法則がある通り、

その上位20%の上顧客層との関係性をより強固にすることが、

圧倒的に安定した経営につながります。

 

値段ばかり気にして集まってくる

新規の見込み客に安く施術するよりも、

数ある美容室の中から、

あなたの美容室を選んで通ってくれているお客様に

何倍も投資するべきです。

 

値上げする場合は、

ただ単に売上や利益を上げたいというのではなく、

なぜ上げたいのか、上げてどうするのか

 

という明確な目的を持って値上げすると、

結果的に、逆にお客様に喜んでもらえる値上げができますよ☆

 

日本美容室コンサルティング

株式会社Next Emotion

代表取締役 松浦温生