美容室の集客・売上UPをお手伝い

メールセミナー1:店販商品の売上UPの方法

  • HOME »
  • メールセミナー1:店販商品の売上UPの方法

こんにちは!
日本美容室コンサルティングの松浦です。

今日から3回にわたって、
「店販強化セミナー」をお送りします。
このメールセミナーでお伝えすることを実践すれば、
ほぼ間違いなく店販商品の売上を上げることができます。

そしてあなたはこのようなメリットを手に入れることができます。

・売上があがる
・自らの時間を使わずに利益を得られるようになる
・顧客単価があがるので、より多くの広告費を使えるようになる
・顧客単価があがるので、他店に比べてフォローアップのコストをよりかけられる
・商品を購入したいという理由で、リピート率があがる
・スタッフ一人あたりの生み出せる利益が増える
・販売することが、楽しくて仕方がなくなる
・施術以外の価値を提供できるようになるので、さらに喜んでくれる顧客が増える
・肉体労働から解放される
・リピート商品を扱うことによって、「継続収入」が安定して積み上がるようになる
・右肩上がりに安定して、収益が増えるようになる

僕はこれまでに美容業界で数百人のサロンオーナー、
経営者の方々に店舗運営や会社の経営のアドバイスをし、
色んな方法を使ってその方々の業績アップに貢献してきました。

そんな中で特に店舗経営において、
店販商品は間違いなく、
絶対に欠かせない要素の一つだと確信したんです。
うまくいってる店舗は店販商品もちゃんと売れていて、
全体の売上の底上げをしているんです。

だからあなたの店舗でも、
もっともっと伸ばせるんじゃないかと思い、
メールセミナーを行うことにしました。
メールセミナーなので、いつものメルマガよりは長いメールですが、
3回とも違う観点であなたに価値のある情報をお伝えするので、
是非集中して読んでください。

早速、今日のメールセミナーでは、
「なぜ店販商品が必要なのか」をお伝えします。
そこには、店販商品をちゃんと売っていかないと
越えられない美容室ビジネスの壁があるからなんです。

美容室ビジネスの限界:成長を阻む3つの壁

壁1:サービスを提供するのに必ず自分の時間を使う
美容室経営での売上の成長を阻むのは、売上をあげるために、必ず自分の時間を使わなければいけないということです。施術をしてお金をいただくというのは、典型的な時間を売るビジネスモデルです。あなたの時間には限りがあるので、あげられる売上にも必ず限界があります。

スタッフを雇ったところで、根本的な問題は解決しません。雇えるスタッフの数には限界はありますし、何よりも雇用とマネジメントのリスクが増えてしまうからです。スタッフを雇ったせいで、逆に時間がなくなってしまったという話は、あなたも一度は耳にしたことがあるはずです。

施術だけのビジネスモデルでは、他のビジネスに比べて、一人あたりが生み出せる売上というのが、極めて制限されやすいのです。

壁2:客単価をあげるのが困難
先程も紹介したように、美容室ビジネスでは、対応できる顧客数に限りがあります。その状況で、売上をあげるためには、「客単価」をあげるしかありません。実際、世のコンサルタントの多くが、「客単価をあげろ!」という教えを説いています。しかし、なにも考えずにこれを鵜呑みにすると、逆に売上を落とす結果を招きます。

当然ながら、単価をあげると、顧客獲得が難しくなるので、顧客数が減ります。さらに問題なのが、リピート率もリピート頻度も減るということです。これまで、月1回、8,000円で利用してもらっていたとしても、それが12,000円になったとしたら、やはり来店のペースは落ちます。安易に単価をあげると、結果的に、売上が減る危険性があるのです。

壁3:「課題解決」のサービスである
美容室において提供するサービス(施術)が課題解決の商品であるということも、成長を阻む要因です。

少しイメージしにくいかもしれませんが、お客様が美容室に来る本質的な理由は、課題(悩み)を解決したいからです。具体的には、髪が重くなってセットしにくくなってきた、根元が伸びてプリンになってきたなどです。
なにも問題がないのに、好き好んで、わざわざお金を払って美容室に来る人なんて基本的にはいません。「課題解決」の商品を扱っている限り、継続利用する顧客を増やし続けるというのは、簡単なことではありません。自転車操業のように、常に新規集客をし続けなければ売上を維持することができないのです。

このように、施術だけで売上を上げていくには限界があるんです。そして、その限界を超えるのに必要になってくるのが、店販商品です。

あなたがこのメールセミナーの内容を正しく理解し、実践すれば、この壁は必ず越えられます。

次回のメールセミナーでは、今日の内容の解決策として、店販商品選びの9つのポイントを具体的にお伝えします。

この9つのポイントをおさえた商品を扱えば、それだけで店販商品の売上が可能性が確実に上がります。実用的なポイントなので、次回も必ず読んでください。

次回の配信はあさってです。この第一回目だけを読んでも成果にはつながらないので、必ず次回も読んでください。

最後にお願いがあります。
これはセミナーなので、いつものメルマガとは違い、どんどん質問やコメントをして頂きたいと思っています。頂いた質問に対して、次回もしくは3回目のメールセミナーで回答したいと思います。

そうすれば、他の読者の人がどんなことに悩んでいたり、疑問を持っているのかが分かり、すごくリアルなセミナーになるからです。

ただし、質問内容は店販商品に関することのみです。頂いた質問の中からいつくか選んで、セミナー内で必ずお答えします。

質問、コメントはこちらへどうぞ
info@nextemotion-nbsc.com

では、また次回楽しみにしていてください。

merumaga2-2.jpg

プロフィール

1343164_______ _____ 4

松浦温生(まつうら あつき)
1986年大阪府生まれ
明治大学商学部卒
株式会社Next Emotion 代表取締役
日本美容室コンサルティング代表
マーケティングコンサルタント

アメリカのマーケティングの権威ダン・ケネディのノ ウハウを学び、治療院業界・美容サロン業界などで異例の早さで数々の店舗のコンサルティ ングを行い、次々に繁盛店へ。
現在はその豊富な経験と知識を活かして、美容室業界で困っている店舗の再生に力を入れている。親身で心のこもったサポートを心がけていて、店舗・法人ともにコンサルティング依頼が絶えない。

ーメディア実績ー
◆Yahoo!ニュース
◆グノシー
◆夕刊フジ
◆モバゲーニュース
◆ライブドアニュース
ほか多数

PAGETOP
Copyright © 日本美容室コンサルティング All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.